クロレラの働きについて

クロレラというのは、淡水に生息している植物性のプランクトンになります。地球が誕生した頃より、生き続けること数十億年にもなるとても強い生命体なのです。

 

しかし、非常に小さかったために、発見されたのが19世紀末だとされたいます。言葉の由来は、ギリシャ語のクロロスとラテン語のエラを組み合わせてクロレラとなったようです。

 

何よりも、緑黄色野菜で不足しがちとなる栄養のバランスを整えます。

 

ほかの植物とは違い、光合成能力は数十倍もあり、驚くべき増殖することから、タンパク質合成量が大豆の約38倍、稲の約55倍という栄養素を含んでいます。(年で換算)さらに、必須アミノ酸9種類が全て含まれており、ビタミンやミネラルも豊富でバランスに優れた栄養素になります。

 

クロレラの6割は良質のタンパク質からできており、他には炭水化物や葉緑素(クロロフィル)が含まれていることから、抵抗力を高めるアルカリ性食品として様々なものに利用されています。

 

クロレラは約20種あるわけですが、健康食品に多く扱われているものがブルガリス種になります。それはクロレラの中において最も優れており、乾燥させてた粉末状のものやクロレラエキスなどとして一般的に流通しています。しかも、クロレラは細胞壁が厚く、吸収率が悪いという欠点がありますけれど、現在では細胞壁を壊して吸収率を良くしているものや、細胞壁が薄くなっているクロレラも存在しています。

 

また、血栓症治療薬を服用している方は必ず医師に相談をしてください。摂取の仕方は、空腹時に飲むことがおすすめとされています。

 

クロレラの有効成分であるアルブミンには体内におけるもっとも強力な抗酸化物質とも言われており、ビタミン、ミネラルや脂肪酸、ホルモンというものを運ぶと並行して、体内の毒素を細胞から取り去って解毒作用のために肝臓に運ぶ役目をしているのです。

 

これにより、コレステロール低下作用、高血圧低下・予防作用、血糖値低下作用、免疫力アップ、抗酸化作用、お通じの改善などが挙げられます。また、クロレラのサプリメントを購入する場合には、クロレラに含まれる栄養成分が、製造方法、培養方法により違いが出ます。ものによっては不純物に問題のあるものがあります。そしてクロレラの細胞膜はとても硬いので、そのままの状態では、体内で吸収されにくいことが考えられますので信頼のおけるメーカーのものをお試しください。

 

クロレラサプライ公式サイト

 

おすすめ