3大乳酸菌の役割について

乳酸菌はお腹に優しい、あるいはお通じにいいとよく聞きますが、実際のところ乳酸菌には多くの種類があります。 それらの中でも高い作用が得られるということから注目度の高い3つの乳酸菌のことを「3大乳酸菌」と言われています。

 

それらが、「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「カゼリ菌」の3つになります 。

 

食べ物から「3大乳酸菌」を摂取しようとすると非常に多くの食材を用いないといけないのですが、サプリメントや乳酸菌飲料というものをうまく利用することにより、効率的に「3大乳酸菌」を摂り入れる事が可能だと思います。

 

3大乳酸菌の働き

 

1種類に捉われることなく、3種類の乳酸菌を摂り入れることにより、高い相乗効果が期待できます。

 

ビフィズス菌

 

ビフィズス菌はヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含有されている乳酸菌ですが、 ビフィズス菌とは、そもそも大腸に多く在在する乳酸菌になります。また、ビフィズス菌には酢酸を作る働きがありますから、強い殺菌力や胃腸の中で害悪が生じる菌の増殖抑える働きをします。ビフィズス菌を摂り入れることにより腸内環境が整えられて、元々胃や腸を正常な状態に近づけてくれます。

 

ラブレ菌

 

ラブレ菌は、ビフィズス菌を増加させる働きがありますので、胃腸のビフィズス菌にとっては、頼もしい味方になります。 また、ラブレ菌はとても強い生命力があることから、生きたまま胃腸に届くことが可能となります。

 

乳酸菌の多くは熱や酸に弱いものが多く、生きた状態で胃腸にたどり着けるラブレ菌であれば、体内で悪玉菌が増殖するのを抑えてくれるのです。ラブレ菌も、ビフィズス菌と同じく腸内環境を整えるにはとても貴重な乳酸菌になります。

 

ガセリ菌

 

ガセリ菌は日本人の体質に合った乳酸菌になります。

 

多くの乳酸菌は胃酸によって死滅してしまう中、ガセリ菌は生きたままで腸に届くといった胃酸に強い性質を持っていることが特徴です。ガセリ菌は丈夫に育つ乳酸菌と言われ、体内で悪玉菌を抑える働きをします。

 

しかし、乳酸菌には多くの種類がありますので、どうしても三者三様で、体質の違いにより、合う、合わないがあることで、自分に合った乳酸菌を探すのがとても難しいと言えるでしょう。

 

そこで、1つ1つ違う働きをする3種類の乳酸菌「3大乳酸菌」を併せて摂り入れることで、より高い働きを実感することができるのはないでしょうか。

 

ビフィズス菌も、ラブレ菌も、ガセリ菌も、腸内の環境を整える優れた乳酸菌なのですが、 これ以外にも乳酸菌には数多くの種類が存在します。

 

自分に適した乳酸菌を摂り入れることにより、腸内を健康的に保つ事が可能ですが、自分に合った乳酸菌を特定するのは、かなり困難だと思われます。

 

そこで、「それなら3大乳酸菌ことに加え、さらに多種類の乳酸菌を摂り入れてみる」といった考え方に変えてみてはいかがでしょうか?

 

日頃の食生活から多くの乳酸菌をうまく摂り入れることは、思った以上に大変なことになります。

 

まして、自分に合う乳酸菌の特定であれば、さらに困難なことを考えると、便利なサプリメントを利用されるのも良いかと思います。

 

数多くの乳酸菌を摂り入れたとしても、体が不調になることはありませんが、サプリメントや健康食品は、必ず用法容量に従って摂り入れることが大切なので、とにかく心配な方には、医師や薬剤師などに相談してから利用することがおすすめです。

おすすめ